ホームステイ,シェアハウス,1人暮らしを徹底比較!

バンクーバー

ホームステイ,シェアハウス,1人暮らしを徹底比較!

初めての海外留学は,右も左もわからず,どうしたらいいかわからないことがたくさんありますよね。

 

その中の1つとして,滞在方法として,ホームステイがいいのか? シェアハウスがいいのか? それとも1人暮らし?と迷っている方もいるのではないでしょうか。

 

そんな方のために,全部体験した私がこの3つを徹底比較していきます。

 

基本情報コスト(滞在費用)それぞれの特徴で上記3つを比較していきましょう。

 

ホームステイの基本情報

  • 部屋  個室
  • 家具  ベッド,勉強机,タンス
  • ごはん 1日3食付
  • 洗濯  週1回
  • バストイレ 他の留学生2名と共用(ホストファミリーとは別)
  • WI-FI付

ホームステイはお金がかかる!!

約3ヶ月ホームステイに滞在した時の生活コストは以下のとおりです。

 

宿泊費+食費+洗濯 3,753ドル($1251/月)

交通費        384ドル($128/月)

1ヶ月に必要なコストを換算すると,1,293.67ドルで1,300ドルです。

 

ホームステイを安く抑える方法は,こちらの記事で紹介しています。

 

 

ホームステイ先はほとんど郊外(都心から電車で30~60分)なので,この滞在費とは別に定期券を買わなければいけないところが費用がかさむポイントなんですね。

 

定期券の金額は場所によります。

私が滞在したホームステイは,ダウンタウンから約45分の距離にあり,電車とバスで語学学校に通っていたので,128ドルの定期券を買う必要がありました。

 

食事の詳細

朝食→パンかシリアル(たまに目玉焼きやウインナー)

昼食→サンドイッチ(スパムやツナマヨとか)

夕食→米+主菜(おかず1品)

 

私はフィリピン人の家族の家にお邪魔したのですが,フライドチキンと米のみの夕食が続くこともありました。1日3食付いているからといって,日本のような健康的で品数が多いとは限りません。

 

正直,野菜不足で1ヶ月以上いたら死ぬかもしれないなと思ったことがあります。余談ですが,ホストマザーにそれとなく野菜好きだって伝えたら,プチトマトを3個くれました笑

 

ちなみに、火事のおそれがあるため、私の滞在したホームステイでは、キッチンで火を使うことはできません。

 

着る物がない。。。

私も,事前にホームステイでは洗濯が週に1回ということは知っていたので,洋服は1週間分以上は持っていきました。ホームステイ先では,ホストマザーの仕事が休みの日に洗濯してもらう形でした。

 

しかし,バンクーバーは雨が多いので通学で洋服が濡れてしまうことや,ホストマザーの仕事が不定期休みだったので最長で1週間半洗濯してもらえないことがありました。

 

着たい服が着られないことや,もはや着る服がないことは,すごい不便でした。

 

ホームステイ先は自分で決められない!

ホームステイの大きなデメリットとして,ホームステイ先を自分で選ぶことができないことです。

 

エージェントに対して,犬猫等のアレルギーがあることを伝えて,ペットがいるホームステイ先を外してもらうことは可能です。しかし,基本的にホストの人種や職業について希望をしたり,それが通るというのは聞いたことがありません。

 

 

また,基本的にホームステイ先の変更は簡単ではありません

 

①エージェントに現状で何が不満であるかを伝える → ②エージェントがその事実確認する → ③改善するようにホームステイファミリーに連絡,という流れとなり,気に入らないからすぐチェンジというわけにはいかないです。

 

エージェントからもらった書類には「もし,明らかにホームステイファミリーとしてふさわしくないと認められれば,すぐに変更できる場合もある」らしいですが,

 

一度ホームステイファミリーとして正式に登録されているということは,留学生を迎える最低限の設備はそろっている家ですので,このすぐに変更できる場合はかなり例外的であると考えられます。

 

【関連記事】ホームステイで儲ける留学エージェントの実態とは?これから留学する人は損する前に絶対見て!

 

シェアハウス基本情報

  • 部屋  個室
  • 家具  ベッド,小さなテーブル,引き出し,自分用のクローゼット
  • ごはん 自炊
  • 洗濯  いつでも自由に使えた(コイン必要なし)
  • バストイレ 他のルームメイト2名と共用
  • WI-FI付
  • 家賃以外に,追加で支払うもの(水道光熱費など)なし

シェアハウスは節約できる!

約6ヶ月シェアハウスに滞在した時のコストは以下のとおりです。

 

宿泊費  4,140ドル($690/月)

食費  約1338ドル($223/月)概算

洗濯   約30ドル($5/月)概算

交通費   306ドル($51/月)

 

1ヶ月に必要なコストを換算すると,969ドルでその他シェアハウスで必要だった洗濯用洗剤の費用を足したとしても,970ドルです。

 

シェアハウスに入居する際には,デポジット(通常は家賃の半分)を払う必要がありますが,特に家賃の滞納や部屋に大きな損傷がなければ全部返ってきます。そのため,宿泊費とは別として考え,ここでは入れていません。

 

コスト・費用に関してより詳しくは,【完全保存版】カナダ留学 1年間 実際にかかった全費用で生活費について知ることが出来ます。

カナダ留学1年間の全費用を項目ごとに集計しました。ぜひ合わせて見てみてください。

 

シェアハウスでの食事

ごはんは基本的に自炊ですが,ホームステイしてた時よりも,栄養があって美味しいものを食べてました。

 

アジア系スーパーに行けば,日本よりは割高ではありますが,日本で使っている食材や調味料も手に入るので,バンクーバーでは不自由なく日本食が楽しめます。味噌汁が大好きなので,ほぼ毎日飲んでました。

 

また,滞在するシェアハウスよるとは思いますが,私の住んでいたシェアハウスでは,たまにオーナーさんが料理を振る舞ってくれました。

 

1人暮らしの基本情報

  • 部屋  個室
  • 家具  ベッド,テーブル,ソファ
  • ごはん 自炊
  • 洗濯  コインランドリー
  • バストイレ 自分1人で使える
  • WI-FI付
  • 家賃以外に,追加で支払うもの(水道光熱費など)なし 

1人暮らしのコスト

約4ヶ月1人暮らしした生活コストは以下のとおりです。

 

宿泊費 3,600ドル   ($900/月)

食費 約892ドル    ($223/月)概算

洗濯 コインランドリー68ドル

+洗剤約20ドル  ($22/月)概算

交通費 204ドル      ($51/月)

消耗品 約50ドル    ($12.5/月)概算

 

1ヶ月に必要なコストを換算すると,1,208.5ドルで1,200ドルです。

 

消耗品には,主にトイレットペーパー,キッチンペーパー,食器用洗剤,スポンジ,ラップ,クッキングシート等が含まれます。(ホームステイやシェアハウスでは家賃に含まれていたもの)

 

 

【参考】洗濯(コインランドリー)の計算は以下の通りです。

洗濯   2.25ドル×週1回×16週間

乾燥機  約2ドル×週1回×16週間

(乾燥機は5分間=0.25ドル。経験上、40分乾燥機かければ大体のものは乾くので約2ドル。)

 

 

 注意点

今回はホームステイ,シェアハウスと比較することを目的としているため,ひとり暮らしするための初期費用は含まれていません

 

たとえば,掃除用具,キッチン用品,毛布などは計算に含んでいません。

 

今回のような生活コストではなく,初期費用も含めた「1人暮らしするための総コスト」とするともっと高くなると思われます。

 

コインランドリーについて

一人暮らしする場所に,洗濯機がなかったので、コインランドリーに週に1度通ってました。

 

最初は洗濯機ついてないことを甘くみていたし、コインランドリーも徒歩5分だから全然大丈夫だと思っていました。

 

実際に住んでみると時間取られるし、徒歩5分とはいえ洗濯物重いし、追加でお金かかるから、最悪でした。

 

 

ちなみに余談ですが,私が1人暮らししていたのは,インド人が多く住む地域でした。コインランドリーでは,インド人のおばあちゃんにヒンディー語?で,使い方を説明されたり,会話の内容はよくわからないけどなんか話しかけられたことがあります。(わりと高頻度)

 

まとめ

 

私がカナダで,ホームステイ,シェアハウス,ひとり暮らしすべて経験した結論としては,総合的にはシェアハウスが1番いい

 

 

ホームステイは,自分で滞在先を選ぶことができないし,食事の栄養面が心配です。

 

 

シェアハウスなら,自分で滞在先を探すことができますし,食事の栄養面は自分で管理できます。また,自分次第で家賃と食費を節約できます。

 

私は月690ドルのところに住んでいましたが,ダウンタウンなら600ドルくらいから,郊外であれば500ドルくらいからシェアハウスを探せると思います。

 

 

1人暮らしは初期費用がかかるという面で,短期の滞在の方にはオススメではありません。長期滞在の方は検討してもいいかもしれませんが,ダウンタウンだと家賃がさらに高いので,あまり現実的ではないです。

 

私の場合,大学のキャンパスがダウンタウンから絶望的に遠くて,引っ越す以外に選択肢がなかったのですが,ダウンタウンにある語学学校に通うのであれば,同じシェアハウスに住み続けていたと思います。

 

 

 

以上,カナダ留学で,ホームステイ,シェアハウス,1人暮らしすべて体験した私の個人的なオススメはシェアハウスです!!

 

次は,シェアハウスや1人暮らしの物件の探し方とかを紹介できたらいいなと思います。

 

 

コメント

  1. […] ホームステイ,シェアハウス,1人暮らしを徹底比較! […]

  2. […] 【関連記事】ホームステイ,シェアハウス,1人暮らしを徹底比較! […]

タイトルとURLをコピーしました